京都アートスクール 留学生コース

留学生コース案内

実技演習クラス/实技演练课程

実技対策希望の方おすすめ。デッサン、色彩、専門課題等の指導を行います。

适合想要提高作画能力的同学。课程中、将针对日本式素描、色彩、各专业课题进行详细的指导。

対面指導クラス/面对面指导课程

面接対策希望の方おすすめ。面接、小論文、ポートフォリオ制作の指導を行います。

适合想要进行模拟面试训练的同学。课程中、将针对面试、小论文写作、作品集制作进行详细的指导。

実技演習クラス/实技演练课程

実技演習クラスの特徴

日本の受験実技は、海外と若干異なります。この実技演習クラスでは、日本の芸大美大受験に特化した授業で、合格のために最適な方法を提案いたします。
各大学の試験内容に併せて、学生一人一人に個別に課題を設定し、「導入授業」→「制作・指導」→「講評」の流れで授業を進めます。日本語学校に通いながら、月に36時間で無理なく通学もしくはオンラインで参加し、スケジュールを自由に組むことができます。
日本の美大の受験の種類、試験内容、評価のポイントなど丁寧にお伝えしますので、日本の美大受験に関して何もわからないという方も、ぜひ気軽に参加してください。

实技演练课程的特点

海外与日本的实技考试有若干不同点。实技演练授课是针对日本美术、艺术类大学的绘画考试而开展的绘画技法强化课程,以实现最终考试合格为目标、为各位同学规划并提案最适合自己的学习方法。实技演练课程主要通过< 课程导入>、< 集中制作/ 中途指导>,< 最终讲评> 这样的流程进行。并且会依照各个大学的考试形式与内容、为每一位同学制定相应的演练课题。每个月的授课时间为36小时,无论是选择走读授课、还是网络授课,均可根据自身情况自由支配与选择,可以一边上日语学校一边锻炼自己的绘画技能。实技演练课程中,将针对日本的美术、艺术类大学的考试种类、考试内容,评分标准等细则进行详细的讲解。即使是对于日本的美术、艺术类大学不太了解的同学,也可以安心参加。

対面指導クラス/面对面指导课程

対面指導クラスの特徴

編入学や研究生入試や大学院入試では、ポートフォリオを提出し、面接を受ける入試が基本です。学部の面接入試も同様です。
そのため、これまでの活動を魅力的なポートフォリオに仕上げたり、自身の魅力を言葉で伝える練習をする必要があります。
対面指導クラスでは、日本人講師だけではなく、大学院に通う専門性を持つ外国人講師とが連携して指導にあたります。日本語に不安な留学生であっても、美術系予備校の強みを活かした専門指導を、早めから受講し準備をすることが可能です。
月8回(1回45分)の対面指導で学部、編入学、研究生、大学院合格を目指します。オンラインでの受講も可能ですので、遠方の方でも参加していただけます。

面对面指导课程的特点

不仅编入考试、预备研究生考试,硕士研究生考试需要提出作品集,并且进行面试考试,本科入学考试也包含大量的面试环节。
因此、将目前为止的作品制作成具有个人魅力的作品集、并进行针对个人作品、作品集的发表训练是非常有必要的。面对面指导课程的指导教员不仅有日籍讲师,也有已经就读于日本各大美术、艺术院校的外国人硕士研究生助教讲师。担心日语水平不足的留学生们也可以在初期备考阶段就进入美术预备校接受专业指导。
面对面指导课程以本科生、编入生、预备研究生,硕士研究生考试的最终合格为目标,进行每月8次、每次45分钟的面对面指导。同时、面对面指导课程也提供线上授课的方式,即便离学校很远也可以安心接受各项指导。

トップに戻る
wechat weibo 知乎