京芸ファイル214:2021年度 合格再現作品紹介 2 ◆ 京都アートスクール

FILE 214 ・2021年度 合格再現作品紹介 2

描写

■問題概要

与えられた紙袋組み立て式透明ケースりんご玉ねぎを台紙上に配置し、
鉛筆で描写しなさい。

  • ・条件
  • 1.与えられたすべての対象物を描写すること。
  • 2.対象物は切る、破るなど、破損をともなう加工をしないこと。
  • 3.組み立て式透明ケースは、試験開始後に監督者の指示に従って組み立てること。
      ただし、ケースの開閉は自由とする。

■モチーフ

■合格再現作例

作例1 工芸科合格 Aさん (七条校/高卒生)

作者コメント
今回はごく普通のモチーフが4点だったので、まず初めに時間の計画を立ててから、「構成と構図がおかしくならないように」「いつも通りにできるように」と、とにかく落ち着いて描きました。試験会場は空気が張り詰めている上に、一科目目ということもあり緊張しましたが、直前講習でも描いたモチーフが出てきたので「絶対に描けない事はない」という確信があったため、安心して描くことができてラッキーでした。

作例2 工芸科合格 Bさん (七条校/現役生)

作者コメント
モチーフは基本的な物のみでしたが、構成に手間取りました。透明ケースの配置が特に難しく、結果的に焦点の合わない作品になってしまいました。また、その焦りから光源が不明瞭であるなど、全体感に欠けてしまったのも反省点です。

作例3 美術科合格 Cさん (七条校/現役生)

作者コメント
非常にオーソドックスなモチーフだったので、最初に見たときは安心しました。それと同時に情報量が多くないため、基礎的な実力の差が如実に出てしまうなと感じました。幸い描いたことのある物が多かったので、今までの構図構成を思い出しながら構成していったのですが、中心に情報が寄ってしまったために描きづらく、更に見づらい画面になってしまったと思います。

作例4 美術科合格 Dさん (七条校/現役生)

作者コメント
試験の時窓側の席だったのですが、試験官が30分に一回換気をするので、その度に光と影の位置が変わって苦労しました。 物と地面などの角度を見てアタリをとる方法は役に立ちました。

作例5 デザイン科合格 Eさん (七条校講習生/現役生)

作者コメント
モチーフが1度は描いたことがあるものが多かったので、焦ることなく試験に挑むことができた。描き込みに関しては、いつもよりもよく集中することができたので、描き込みのための観察も捗り、楽しんで制作することができた。構成に関しては、空間が感じられにくい配置になってしまい、自分の目指していた完成度まで仕上げることができなかった。

京都 北大路駅前校 滋賀 彦根駅前校 京都駅前七条校(本部) 一般美術教室 こども造形表現教室 京都アートスクール NET通信実技センター 京都アートスクール お問い合わせ