• 描写
  • 色彩
  • 小論文
  • 立体
  • 総評

■描写

与えられたコーラ紙ふうせん手ぬぐいを台紙上に配置し、
鉛筆で描写しなさい。

  • ・条件
  • 1.与えられたすべての対象物を描写すること。
  • 2.対象物は切る、破く、栓を開けるなど、加工をしてはいけない。
  • 3.紙ふうせんは、膨らましても、膨らまさなくてもよい。

描写担当
上杉 宏嗣(うえすぎ ひろつぐ)
コーラ、紙ふうせん、手ぬぐいがモチーフとして出題されました。 構成や構図にさほど多くの選択肢が生じないモチーフを組み合わせることにより、 受験者に対して「基本的な観察力と表現力」を強く問うたのだと推測されます。
モチーフの固有色(コーラの「黒」、紙ふうせんの「青・赤・紫・緑・黄・白」、手ぬぐいの「白」)はグレースケールの段階に準じています。また、コーラ瓶の「凹凸」やガラス材質に宿る「現象」、さらに紙ふうせんの「皺」や「表面の光沢」など、細部にわたって表情が豊かなモチーフです。 グレースケール全体を広く用いて「固有色の順序を明確に作る」と同時に、その中の「細かな諧調を豊富に作りだす」こと、さらに、「全体と細部を画面上で調和させる」ことが求められます。 つまり、「全体と細部にくまなく目を至らせる観察力」や「鉛筆の選び分けや筆圧・角度の使い分け」、「練り消しゴムの使用方法」など、多彩な表現力が必要となるのです。
また、手ぬぐいと他モチーフの「同一平面の関係性」やコーラ瓶の「垂直性」、「左右の対称性」など、モチーフがシンプルであるがゆえに、「形の正確さ」の問題もシビアに浮上します。 卓上静物デッサンとしてはとてもベーシックな内容でしたが、描写における受験者の「地力」が浮彫りになる出題であったと感じます。
出題されたモチーフは、静物デッサンのモチーフとしてはとても王道なものです。多くの受験者が、受験対策の中で一度は描いた経験があるモチーフだと考えられます。しかし、それを「慣れ」で描くのではなく、「目の前のモチーフから受けた印象を大切にし、それに反応して描いているか」といった、受験者の「制作に対する姿勢」を問うていたのではないでしょうか。

■色彩

テーマ「皺(しわ)」
与えられた紙(A3上質紙)に、皺を寄せて観察し、色彩で表現しなさい。

  • ・条件
  • 1.解答用紙は、横画面とし、表裏どちらを使っても良い。
  • 2.下図に示すように、解答用紙の中央に30cm×30cmの正方形を設け、それを解答画面とする。
                       
  • 3.解答画面は、全て彩色すること。
  • 4.余白部分には彩色しないこと。


色彩担当
片岡 渡(かたおか わたる)

2020年度の色彩の出題は、いわゆる「モチーフ構成」でした。
近年では2016年度に「みかん」、2015年度に「ロープ」が モチーフ構成として出題されましたが、 その中でも2015年度の出題「テーマ『結び目』、与えられたロープを観察し、色彩で表現しなさい」 に近いものといえるでしょう。
今年度はモチーフとして「紙(A3上質紙)」が与えられ、 問題文には「皺を寄せて観察」とありました。つまり、観察に基づいた表現が求められているといえます。
ただし、観察に基づいた表現というのは実に多様であり、必ずしも具象的表現のみが評価されるとは限りません。 モチーフをよく観察することで、「そこからイメージを膨らませる」ことを含めた設問のされ方ではないでしょうか。

■小論文

出典:小坂井 敏晶 著『責任という虚構』 東京大学出版 から抜粋

※正確な設問文ではありません

  • 設問1.200字以内で文章を要約しなさい。
  • 設問2.筆者は、人が芸術作品を判断するにあたり、自分が日本人であることや、文化的要因といった経験が関わっているのではないかと述べている。文章に取り上げている内容を踏まえて、具体例を挙げてあなたの考えを述べなさい。

小論文担当
田和 篤(たわ あつし)

例年は三つの設問が多いのですが、今年度の二問だけという設問から想像するに、「 解答内容の完成度」により重きを置いているのではないかと考えられます。
設問一の「課題文章の要約」は、文字数が200字と少ないため、「的確に筆者の主張を理解しているか」が問われます。 設問二は、課題文章を踏まえて「解答者に具体的な主張を論じさせる」という、総合芸術学科らしい設問でした。
身のまわりの事柄に対する日常の観察力と、様々な他者性に対する寛容さが必要です。 「もしこうだったとしたら」という想像と、それを文章にする力が問われています。

■ご連絡やお問い合わせ、ご質問等は、事務局まで。

フリーダイヤル:01208-01209
京都 北大路駅前校 滋賀 彦根駅前校 京都駅前七条校(本部) 一般美術教室 こども造形表現教室 京都アートスクール NET通信実技センター 京都アートスクール お問い合わせ